スタッフ

 教授 山本裕二 (YAMAMOTO Yuji, Ph D.)

打動作の切替ダイナミクスから始まり,対人・集団のダイナミクスを研究.2019-2021,日本スポーツ心理学会会長,2019-2020,日本体育学会体育心理学専門領域会長

准教授 横山慶子 (YOKOYAMA Keiko Ph D.)

主に,集団の協調や競合のダイナミクスに関する研究に従事しています.

大学院生

  • 奥村文浩 (D3) 自転車競技のダイナミクス
  • 高御堂良太 (D3) 野球型競技の投手と打者の対人ダイナミクス
  • 加納岳拓 (D1) 体育授業と教室授業における友人との協調

学位取得者・博士(心理学)

  • 千鳥司浩,高齢者における転倒の原因解明とその予防可能性,2018.
  • 鈴木啓央,フラクタル構造からみた連続切替打動作の熟達,2016.
  • 岡野昇,関係論的アプローチによる体育学習の再検討,2014.
  • 横山慶子,ボールゲームにおける集団ダイナミクス,2011.

修士取得者

  • 張 天雨,視聴覚の情報統合が球速判断に及ぼす影響,2018.
  • 工藤璃子,ネット型対人競技における攻撃機械の判断,2018.
  • 高御堂良太,野球型競技における間合いの熟達,2018.
  • 村瀬大希,課題制約の違いが捕球動作に及ぼす影響,2016.
  • 竹中裕人,学童野球選手の活動実態と投球障害,2014.
  • 鈴木啓央,打動作の熟達,2008.
  • 横山慶子,集団スポーツのダイナミクス,2006.
  • 山田雅之,アイスホッケーの技能獲得,2005.
  • 中村祥子,走り幅跳びの歩幅調整機構,2003.

過去の研究員等

  • 船橋孝恵(学振PD),2007-2009,障害児の発達
  • 三浦哲都(学振PD),2013-2014,ダンスの同期
  • 長谷川弓子(研究員),2013-2015,ゴルフパッティングの研究
  • 藤井慶輔(学振PD),2014-2016,バスケットボールにおけるチーム連携